蓄光 よくある質問
蓄光
Q セラチッコウと樹脂チッコウの違いは?
A セラチッコウは、セラミックス製の蓄光材です。
福井県工業技術センターとの共同開発で生まれました。
セラミックス製なので、耐候性に優れ、屋外でも半永久的にご使用頂けます。

樹脂チッコウは、樹脂製の蓄光材です。
日本原子力発電(株)からの委託研究で生まれました。
金属、アクリル、ガラス、カッティングシート等様々な素材(基盤となる素材)に樹脂チッコウ層を形成できるので、応用範囲が広く多用途にご使用頂けます。

Q どんな形や大きさでも作れる?
A 基本形の○や□の他に、文字、細長いもの、☆(星)や(ハート)などご要望に応じて製作します。
形もよりますが、小さすぎる場合はご相談下さい。

セラチッコウの場合は、300mm角程度が最大寸法です。
樹脂チッコウは、基盤となる素材によってもっと大きな製品も製作できます。

Q 色は選べる?
A YG(発光色:イエローグリーン)と BG(発光色:ブルーグリーン)のどちらかをお選び下さい。

Q 蓄光、蛍光、夜光の違いは?
A 「蓄光」は、光(太陽光や蛍光灯)を蓄えることによって、暗いところでも(光の刺激を除いても)一定時間発光が続く性質です。明るいところでは、光を蓄えつつ発光もしています。

蓄光性物質が、暗いところで発光するときの光を「燐光」と言います。
吸収する光エネルギーが強いほど、明るく長時間発光を続け、弱ければ発光は暗く時間も短くなります。

俗に「夜光(夜や暗いところで光って見える性質)」とも呼ばれています。
「蛍光」は、「蓄光」と同じく発光しますが、発光するのは光を当てている間だけです。

Q 輝度とは?
A 発光体の単位面積あたりの明るさのことです。
単位はカンデラ毎平方メートル(cd/m2)。
物体が明るく見えるかどうかを表すのに用いられます。

Q 残光・燐光とは?
A 物質に光を当てた後、光の刺激を除いてもその物質が発光する現象やその光のことです。

Q 屋外に置いておくと電灯の代わりになる?
A 残念ながらなりません。
蓄光物質は、光を蓄えながら発光するものなので、蓄えた光のエネルギーが無くなれば光らなくなります。
昼間の太陽光を受けている間は、光を蓄えながら発光を続けています。
そのため、お年寄りや弱視の方にも認識されやすい色を示してくれます。
しかし、夕方から夜にむかって、太陽光がなくなると、光エネルギーを受け取れず、出す光もなくなるので、
周りが暗いときには、発光力が衰えている状態です。
蓄光物質が、その力を一番発揮するのは、やはり突然の暗闇(災害時の停電)になってしまったときです。
人々が安全に避難できるよう誘導の手助けとなります。

Q 直接購入できる?
A すべて(株)廣部硬器 本社より直接ご購入頂けます。
TEL、FAX、メールにてご連絡下さい。

Q 支払方法は?
A 現金でのお支払をお願いします。
代金引換(手数料弊社負担)やお振込みでお支払い頂きますが、個別にご相談下さい。

▲PAGE TOP
価格は掲載しておりません。
メール、FAX、TEL にてお問い合わせください。
会社概要
会社概要
社長のひとこと
アクセス
お問い合わせ
プライバシーポリシー
カレンダー
福井県
福井県中小企業家同友会
福井商工会議所
福井県元気企業WEBサイト
福井の社長.tv